コンセプト

 

グローバルな情報化時代には、人間が言語をいかに操れるかが重要な鍵となります。AI技術の台頭により、異なる言語間の翻訳は以前に比べはるかに容易になりました。それでも「何を翻訳するのか、どう翻訳するのか、出来上がった翻訳物をどのような形で提示するのか」などを考えるのは、まだまだ人間の領域といってよいと思います。

 

TAS&コンサルティングでは、前身の日英翻訳グループTAS時代に主催者が必要と感じ、顧客にサービスの一部として提供していたこと、①翻訳を行う前に何を考えなければいけないか(翻訳の目的や読者対象、予算や納期を含む総合的なデザイン、翻訳者の選定、翻訳の手法など)、②出来上がった翻訳に対してどう評価、修正していくべきなのかを、相談者とご一緒に考えていきたいと思います。現在お考えになっている翻訳について、どのような翻訳手段が適しているか、適任者がいる場合は翻訳者・校正者のご紹介も行います。メールでの簡単なご相談は無料です。どうぞお気軽にご相談ください。

 

さらに、主催者の光藤京子(みつふじ・きょうこ)は、長い間ビジネスと教育の間に身を置くことによって、翻訳や英語コミュニケーションへの正しい理解、日本人の英語におけるスキルアップの重要性を強く感じてきました。実務や大学での指導経験を生かし、英語・翻訳関連の学習書の執筆や企画のご相談、講演などもお引き受けしています。これからも本やブログを通して益々発信を続けていく所存ですので、応援をよろしくお願いします。過去の出版物や現在の活動については、「出版物」「プロフィール&コンタクト」をご覧ください。